かけるかな

茶の間からポエム

自慢の推しだった女の子

自慢の推しだった女の子の話をしたいと思う。

 

その女の子のことを知ったのは、私服の写真を集めたnaverまとめがきっかけだった。それを見て、すぐにこの子を応援しようと決めた。私服がね、あまりにもドンピシャすぎたんだ。加えて、まあるい輪郭やクシャっとした笑顔がかわいらしくて、まさに「キュート」という言葉が似合うビジュアルにも惹かれた。

 

単純にオシャレと言われるアイドルちゃんとは次元が違っていた。その子はアイドルなのに、男性ウケなど無視した服ばかり着ている。オーバーサイズのブルゾン、派手な古着アイテム、謎の柄物、ドクターマーチン…。案の定、ネット上には「その子が本当にオシャレなのか否か」が議論されたまとめブログが多数存在していたし、Twitterにもそのようなつぶやきが散見されたし、知人の男性に推しの私服の写真を見せたときも「サイズの合った服を着ろ」と言われたものだった。でも私は、彼女のそういうところが好きだった。

 

なんだろう、今では女のオタクも多い女子ドル界隈だけれども、やっぱり男の人のオタクが多くて。そんな中で自分を貫く彼女が、所属するグループにおいて「欠かせないメンバー」として評価されることを、期待していたのかもしれない。初めて買った雑誌が『Zipper』だった私は、あと何年かしたら20代も終わるというのに、未だにコンサバに舵を切れないでいる。かわいいと思うものも、全然キラキラしていない。パールの入ったアイシャドウも、全然持っていない。キラキラできない、しない、したことない私は、知らず知らずのうちに推しに希望を託していたのかな。なんて、今になって思う。

 

その一方で、推しはアイドルの才能もあった。幼いころからバレエで鍛えたダンスや表現力。しなやかで、キレもあって、曲や振りに合わせてコロコロと表情が変わって、美しかった。スッと伸びた背筋とぴょこぴょこと跳ねるポニーテールが好きだった。普段は全然着ないのに、キラキラした衣装も似合っていたし、雑誌でスタイリングされた女の子らしいコーディネートも着こなしていた。

 

推しのアイドル人生のなかで、グループのシングル表題曲に参加できたのは半分強。私が注目し始めてからの推しは、表題曲ではだいたい3列目の端っこにいたけれど、ダンスが全然わからない私でも、本当に目を引くものがあったんだ。明るい曲のときはちゃんと世間一般のアイドルと同じように、ニコニコと笑ってもくれる。歌は不安定かもしれなかったけれど、声がすごく、かわいかった。

 

友人がアイドルでない用事で、小さなライブハウスへ行ったとき、近くにいた業界人が私の推しのことを「アイドルだと今あの子がアツい」と話していたことがあったという。カルチャー誌でクリエイターと対談をする連載を持っていたし、たびたびモード系のファッション誌にも登場した。外部の映像作品にもいくつか出演し、賞を取ったものもある。どんどん見つかっていくのがうれしかった。

 

今年に入ってからはグループ内での仕事も目に見えて充実していた。在籍するメンバーひとりひとりにスポットを当てたショートムービーが話題になってCMまで作られたり、グループの顔とされるメンバーたちと並んでメインキャストとして映画に出演したり、シングル表題曲では、3列目ではあったものの中心でダンスを踊ったり、そのあとは初めて2列目に選ばれたこともあった。そして、グループ初の個展開催。

 

推しがアイドルを辞めることを発表したのは、その個展の情報が解禁になってすぐだった。

 

なんとなく、卒業がそう遠くない未来にあることは感じていたし、アイドルグループの看板を外しても活躍が期待できるくらい実績を重ねていた。だからそこまでの驚きはなかったし、「おめでとう」と言いたい一方で、まだ21歳なのにもうアイドルを辞めてしまうのか、もっとあの子のダンスを見ていたかった、と、寂しさもつのった。

 

アイドルの卒業発表から実際の卒業まで猶予があることも多いが、私の推しは、その猶予がたったの3か月しかなかった。その時点ではもう、残された握手会も完売していて、あまり現場主義ではなかったけれど、お礼の一言も直接言えないのがもどかしかった。それからは、歌番組への出演も減り、年末の音楽特番をいくつか見ても、推しのポジションに、推しはいなかった。

 

潔い子だから「アイドルとしてできることはやり切った」と言っていたし、卒業する自分よりも、未来を担う後輩たちの露出を増やしてあげたい、そんなことを思っているのかな、だからもうテレビにも出ないのかもしれない。でも、やっぱり最後に推しが躍る姿を見たかった。

 

推しの卒業前最後に、グループとして出演することが発表されていたのは『ミュージックステーション SUPER LIVE』。Twitterにアップされたリハーサルの写真にも、階段を降りてくるときも、タモリさんとのトークのときにも、推しはいなかった。

 

でも、曲が始まったら、あの子が踊っていた。

 

当人はオタクを驚かせたかったらしい。確かに、最高のサプライズだったし、最高のクリスマスプレゼントをもらった気分だった。踊る姿をまた見られて、ほんとうによかった。

 

 

乃木坂46を卒業した、伊藤万理華ちゃん。


もし万理華ちゃんがアイドルでなくても、ひとりのおしゃれな女の子と認識して、あなたのファンになっていたかもしれない。けれど、万理華ちゃんがアイドルじゃなかったら、こんなにも熱を上げて応援していなかったのだろう、と思います。競争の激しい世界で、才能とセンスを武器に露出の機会を増やし、いろいろな面を見せてくれたから、万理華ちゃんのことを応援したい気持ちが膨らみ続けたのです。選抜発表のたびに一喜一憂して、テレビ番組で踊る万理華ちゃんを探して、アップで映るとうれしくて。口下手なアイドルを推したのは初めてで、でも万理華ちゃんが表現するものはみんな私をワクワクさせてくれました。正直なところ、歌って踊る姿を見られなくなるのは寂しいけれど、これからどんな場所で万理華ちゃんの姿を見られるのか、楽しみでしょうがないのです。万理華ちゃんを推した3年弱、ほんとうに楽しかった。こんなにも楽しい時間を過ごさせてくれた万理華ちゃんは、私の自慢の推しです。歩む道が充実したものであることを、万理華ちゃんが幸せであることを願っています。がんばれ!

リア恋枠がまさかの声優だった話~しんどいよ内山昂輝さん~

ジャニーズに本格的に落ちて約3年。この界隈でしばしば目にする「リア恋」という単語。まったくググることもせず、Wilipediaなども見ず、雰囲気から推察するに、「現実世界にいたら恋に落ちるであろう人」とか「ガチで恋しそうでヤバイ人」みたいな感じかなあと思っている。

けれど、ずっとその言葉の意味が、なんとなくわかるようでいて、自分にはそういう対象とするアイドルはいないのだろうと感じていた。というのも、ジャニーズでいうところの伊野尾慧さんに限らず、今まで好きという感情を抱いてきたすべての男性芸能人に対して、そのきっかけは「顔」であり、それ以上でも以下でもなかったからだ。まずもって顔が良すぎて、自分の身の回りにいるわけがないし、もはや天界の人々では?とすら思っていた。だから彼らの性格や趣味嗜好を知ったところで、素晴らしい、最高だな、と思うことはあっても、「恋に落ちる、ヤバイ」と感じることはなかった。

 

それが、齢27歳の今、「リア恋枠」がしんどい、という言葉の意味を痛感している。

わたしはついに見つけてしまったのだ、その対象を。友人各位にも「いい加減認めたらどうだ」と言われたので、もう認めることにした。

アラサー社会人アイドルオタク、リア恋枠、見つけてしまいました。

 

続きを読む

推しの趣味でしんどい

オタクは身勝手な生き物であるから、自分の推しに理想を勝手に押し付けてしまう。それがそのアイドルの仕事への姿勢であるのか、私生活が品行方正であることなのか、洋服の趣味であるのか、まちまちではあるけれど、私の場合は音楽の趣味を勝手に当てがって、興奮して、悶えている。

 

ここのところ女子ドルの推しこと乃木坂46伊藤万理華さんの活躍が目覚ましいかと思えば(近しい未来にあるとは予想していたもののあまりに急で、猶予のない)卒業が発表されたこともあって、すっかり伊藤万理華専オタのようになっていた。というのも、二大推しメンとしている片割れ、Hey! Say! JUMP伊野尾慧さんはかなり売れた。それはもう、週の半分はテレビで見かけるし、彼が表紙となった雑誌ももう珍しいものではなくなったほどに。いわゆる供給過多である。だから、あふれる情報のなかからおいしく頂けるものだけを掬い取って味わう程度に落ち着いていた。

 

正直に言えば、推しである伊野尾慧さんと八乙女光さんのレギュラーラジオ・らじらー!サタデーは番組の想定するリスナーの年齢層と自分の年齢の乖離があまりに激しくて、もう半年くらいリアルタイムで聞いておらず、放送中のTLをあとから追いかけている。番組内でとあるゲームを行い、その勝者が好きな曲をかける権利を得られるコーナーがあるのだが、そのコーナーでリクエストした曲だけは、先述したように好きなアイドルの好きな音楽を知りたい性分なので、毎週チェックしている。

 

昨晩もらじらー!サタデーの放送中は、おいしいホルモン焼きとビールに興じていた。しかもHey! Say! JUMPのオタクとだ。その帰り道、Twitterを眺めながららじらー!サタデーの実況ツイートを追い、推しのリクエスト曲を調べていると、とんでもない曲をリクエストしていた。

続きを読む

伊藤万理華の脳内博覧会を見たオタクのポエム

f:id:mo0osa:20171014103843j:image

 

そもそもJ-POPが好きなのでアイドルソングも好きなのだけど、きっとこの子を見つけていなかったら、私は乃木坂46の握手会に行くことも、コンサートに行くことも、なかったのだろう。

私の推しは、「どうしてあなたがアイドルを?」と、使い古された疑問を投げかけたくなるくらい、装苑花椿を愛読雑誌に挙げるなどあまりにもオタク好みでない趣味嗜好を持っている。そんな彼女の趣味を詰め込んだ、初めてかつ乃木坂46のメンバーとして最後の個展「脳内博覧会」は、やっぱりオタク好みでない要素ばかりで終始ニヤつきが止まらなかった。

展示では服を着る万理華ちゃんの被写体としての良さ(これは圧倒的に美しいモデルちゃんが服を着るのとはまた違う、良さ)が圧倒的だった。私は万理華ちゃんが選ぶ服が大好きだし、それを着る万理華ちゃんもまた最高と思っている。だってアイドルみたいに笑わないんだもん。アイドルなのに。

それから、柳沢翔監督を迎えこの個展のために製作されたショートフィルム「トイ」の上映。雨の夜、転げて、汚れて、踊り、夜が明ける。これまでも万理華ちゃんの強みとしてあった表情で魅せる演技、キレのすごいダンスが前面に押し出されたショートフィルムにはアイドル臭さがゼロだった。

私が万理華ちゃんを推すのは、そのアイドルらしくなさ、オタクを振り落とす趣味嗜好ゆえんだけど、アイドルオタクの伊藤万理華推しは、なにがきっかけで彼女を推しているのだろう。そんなことを彼女に注目した当初は思っていたけれど、ショートフィルムを見たら、ああそういえば、万理華ちゃんはダンスがとても良いんだよな、と、アイドルオタクの目線から伊藤万理華を推す動機としてはそれで十分だな、と思った。

重いオタクだから推しのことを書くと筆が止まらないのだけど、こういう子がアイドルをやっているから、単純にアイドルソングが素晴らしいだけじゃなくて、アイドルそれ自体が面白くなる。伊藤万理華さんが好きだし、卒業後もこれまでのアイドルとは全く違う道で、ちゃんと活躍する姿が見れそうだけど、乃木坂46のまりっかも、まだまだ見ていたいなんて思ってしまう。

赤黄色の金木犀

朝晩がだいぶ涼しくなった。夏が終わった。
今日、職場のラジオから聞こえてきたのはフジファブリックの「赤黄色の金木犀」。

youtu.be

リリースは2004年。私が中学3年生のときだった。秋が来ると毎年のように聞いているけれど、思えばもう13年も前の曲らしい。

続きを読む

特上にぎりを選ぶ日

f:id:mo0osa:20170905145544j:image

人が「特上にぎり」を選ぶ日、それは特上に値するできごとがあった日。

とかくオタクというものは、推しに関するできごとで一喜一憂し、喜ばしいことが起きれば、それにかこつけて(私の場合は)お寿司を食べたりするが、それでもなかなか「特上にぎり」は選ばない。並みのうれしいことと、特上級のうれしいことは、全くもって別物だから、せめて「上にぎり」くらいにとどめておく。

それが今日、「特上にぎり」を選ぶに至ったのはーーー。

アイドルには序列がある。推しが前にいればいるほど、真ん中にいればいるほど、テレビに映る機会も多く、さまざまなメディアで推しの活躍を見ることができる。特に人数の多い女子ドルにおいては、序列で推しの扱いが大きく左右される。

私が「推し」と定めている乃木坂46伊藤万理華さんは、類稀なるセンスとスキルに恵まれながらも、強者揃いのそのグループにおいて、なかなか陽の目を見る機会がなかった。いつもだいたい、3列目の端っこで歌い踊る。歌番組では毎度、1回のアップが抜かれるか抜かれないか、そういうポジションにいる。乃木坂46では、3列で構成される選抜メンバーのうち、1・2列目を「福神」と呼び、3列目のメンバーと福神との間には大きな壁がある。万理華ちゃんは選抜メンバーに入るといつも、3列目だった。

そんな万理華ちゃんが、今度発売されるシングルで、初めての「福神」に選ばれた。今秋、乃木坂46のメンバー数人が出演する映画『あさひなぐ』が公開される。万理華ちゃんは自身の演技力を買われてか、映画にはかなり重要なポストで出演しているそうだ。

映画あっての福神だってことは、重々承知ではあるけれど、それでも今まで、福神への大きな壁を感じてきた(し、選抜にすら入れないことだってあった)。ここで福神に入らなかったら、きっと卒業まで入ることはないのだろうな、と思っていた。これがたとえ、映画のための一度きりだとしたって、2列目で(しかもポジションは真ん中に近い!)万理華ちゃんを見られるのは、乃木坂のシングル史上初めてのこと。

だから、わたしは今日、「特上にぎり」を選びました。万理華ちゃん、本当におめでとう。

アラサー女の音楽フェス荷物考

一年の半分くらいを「フジロックガー、ナエバガー」と騒いでいる *1 こともあってか、友人知人に「初めてフェス行くんだけど何に気をつけたらいい?」って聞かれることが増えてきたので、そのとき用のメモ兼個人的な備忘録。 

*1:残り半分はテレビの前でアイドルを愛でている

続きを読む