かけるかな

もののあはれ

特上にぎりを選ぶ日

f:id:mo0osa:20170905145544j:image

人が「特上にぎり」を選ぶ日、それは特上に値するできごとがあった日。

とかくオタクというものは、推しに関するできごとで一喜一憂し、喜ばしいことが起きれば、それにかこつけて(私の場合は)お寿司を食べたりするが、それでもなかなか「特上にぎり」は選ばない。並みのうれしいことと、特上級のうれしいことは、全くもって別物だから、せめて「上にぎり」くらいにとどめておく。

それが今日、「特上にぎり」を選ぶに至ったのはーーー。

アイドルには序列がある。推しが前にいればいるほど、真ん中にいればいるほど、テレビに映る機会も多く、さまざまなメディアで推しの活躍を見ることができる。特に人数の多い女子ドルにおいては、序列で推しの扱いが大きく左右される。

私が「推し」と定めている乃木坂46伊藤万理華さんは、類稀なるセンスとスキルに恵まれながらも、強者揃いのそのグループにおいて、なかなか陽の目を見る機会がなかった。いつもだいたい、3列目の端っこで歌い踊る。歌番組では毎度、1回のアップが抜かれるか抜かれないか、そういうポジションにいる。乃木坂46では、3列で構成される選抜メンバーのうち、1・2列目を「福神」と呼び、3列目のメンバーと福神との間には大きな壁がある。万理華ちゃんは選抜メンバーに入るといつも、3列目だった。

そんな万理華ちゃんが、今度発売されるシングルで、初めての「福神」に選ばれた。今秋、乃木坂46のメンバー数人が出演する映画『あさひなぐ』が公開される。万理華ちゃんは自身の演技力を買われてか、映画にはかなり重要なポストで出演しているそうだ。

映画あっての福神だってことは、重々承知ではあるけれど、それでも今まで、福神への大きな壁を感じてきた(し、選抜にすら入れないことだってあった)。ここで福神に入らなかったら、きっと卒業まで入ることはないのだろうな、と思っていた。これがたとえ、映画のための一度きりだとしたって、2列目で(しかもポジションは真ん中に近い!)万理華ちゃんを見られるのは、乃木坂のシングル史上初めてのこと。

だから、わたしは今日、「特上にぎり」を選びました。万理華ちゃん、本当におめでとう。

アラサー女の音楽フェス荷物考

一年の半分くらいを「フジロックガー、ナエバガー」と騒いでいる *1 こともあってか、友人知人に「初めてフェス行くんだけど何に気をつけたらいい?」って聞かれることが増えてきたので、そのとき用のメモ兼個人的な備忘録。 

*1:残り半分はテレビの前でアイドルを愛でている

続きを読む

ハイパーコンセプチュアルエンタテインメント・NEWS「NEVERLAND」

梅雨入りの報せがあり、だんだんと夏の足音が聞こえる今日このごろ。

それとともに全国各地の夏フェスのラインナップが出揃ってきて、今年はフジロックフェスティバル2日間をキメることにして、先日、道中をご一緒する高校の友人たちと1stミーティングを行い、頭の中はすっかり屋外で音楽を聞きながら飲酒することになってしまっているのだが、このたび、7年ぶりだかにオタクへと出戻りした大学時代の後輩ちゃんにお誘いをいただき、ちゃっかりNEWS LIVE TOUR 2017「NEVERLAND」へ参加してまいりました。 

続きを読む

「松村北斗さん、コレ聞かない?」勝手に押し付け5選

松村北斗さんに、興味を持ち始めてしまいました。 

続きを読む

乃木坂46・伊藤万理華さんが好きだと叫びたい

ジャニーズ事務所の推しのほうはDVD発売のお知らせが待てど暮らせど来ないし、前回の記事で触れた『ユーリ!!! on ICE』以来、友人各位がさまざまなアニメをおすすめしてくれるので、二次元にも推しが増える日々である。今年に入ってから『ハイキュー!!』の過去放送分は全話見て、今は『夏目友人帳』の第2期をそろそろ完走しようかなというところだ。毎日の通勤時間は推しの二次元キャラクターたちの画像検索を楽しんで、はて、このままアイドルから足を洗ってしまうのでは、そんなことが頭をよぎる瞬間はさすがになかったけれど、やっぱりアイドルは簡単に掴んだ心を離してくれるわけなんてなかったの。

続きを読む

勝手にエンタメオブザイヤー2016

Twitterでは相変わらず超絶雑多アカウントとして方々への愛を振りまきまくっているところ、すっかりブログがおざなりになってしまっているうちに、気がつけば語彙を失ってしまっていた。

 

好きな顔面を見れば、天使たち(主としてHey! Say! JUMPという9人のアイドルグループ)を見れば、「美しい」「かわいい」「尊い」「最高」以外の言葉が出てこない。気がつけばこの世に生を受けて四半世紀がとうに過ぎており、勉強らしい勉強をしなくなってもう何年も経つのだから、退化して行くばかりのわたしの脳からは、語彙がぽろぽろとこぼれ落ちていく。それを食い止める手立てとして、当ブログで今年も140文字には納まらない愛を、垂れ流していこうと思う。

 

このたびは2017年も始まったことだし、雑多アカウントの主として、昨年わたしの琴線に触れた、さまざまなエンタメについて文字をしたためていくことにする。

続きを読む

もしもHey! Say! JUMPが陸上部員だったら

最近よく見かけるHey! Say! JUMPの部活シリーズ、どうしても仕事にやる気が出なくて現役なんて遥か遠い昔のことだけれども、わたしのいた場所、陸上部にも召喚してみたくなった。

とはいえ、サッカー部やバスケ部のような部活の花形でもない陸上部、こんな顔面大正義の大天使たちが9人も集った日にはそれはもう美人マネージャーがどっさり加入しちゃうんじゃあないか。大変だな。あ、ちなみに高校を想定しています。

続きを読む