読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かけるかな

もののあはれ

25歳OL(一応)の現場デビュー Hey! Say! JUMP編

鉄は熱いうちに打っておく派なので、正月休みの間に書くことにする。

 

幕張メッセでceroを見ながら年越しをした2年前の私も、くるりを見ながら年越しをした3年前の私も、2015年の暮れに京セラドームでHey! Say! JUMPのコンサートに行っているなど微塵も思っていなかった。

Hey! Say! JUMP面白い、推せる、伊野尾慧さんの顔がかわいい、推せる、と思い始めた1年前の私ですら、翌年の暮れにHey! Say! JUMPが京セラドームでカウントダウンコンサートをやっているなんて思っていなかったし、そもそもアイドルにはお金を落とさないはずでは、という話だ。

 

2014年の半ばに伊野尾慧さんを発見し、その数か月後にウィークエンダーという名曲と出会い、以来Hey! Say! JUMPに注目しているわけだが、2015年、特に24時間テレビを終えてからのこの数か月で、Hey! Say! JUMPは私の期待以上に、そして予想をはるかに超える勢いでバズっている。なんて楽しい世界だ。

 

私の周りでも、24時間テレビをきっかけに友人が続々と沼に落ちてきたが、とある友人が私の予想をはるかに超える勢いでHey! Say! JUMPに、伊野尾慧さんにハマってしまった。なんてすばらしい世界だ。カウントダウンコンサートが発表された当日、その友人から郵便局払込票の写真が届いた。むろんそこには「Hey! Say! JUMP」の文字。

 

―「もしカウコンの申し込み間に合って、もし当たったら、行く?」

 

行かないという選択肢などなかった。

アイドルにしろバンドにしろ、今めちゃくちゃいい時期じゃん!と思う時期があって、私にとってのアイドルのいい時期とは、これまでにも何度か言っているが、中の人たちと周りの大人たちが、これから絶対に売れていくんだという気概が感じられる時期を指す。Hey! Say! JUMPは今がまさにその時期だ。各媒体でのインタビューでも自分たちに追い風が吹いている自覚がある旨の発言があったし、ウィークエンダー以降の楽曲が飛躍的にキャッチーになっている。なによりも人間は20代中盤が一番美しい。現在のHey! Say! JUMP、上は25歳、下は22歳。ビジュアルがピークを迎えるその時期に、メディアで彼らを見かける機会が増えること、それすなわち勝利を意味するのだ。

 

今になって考えると、かねてからアイドルの「いい時期」厨だったのだと思うが、さらに伊野尾慧さんの顔がどんぴしゃで好きなのだから、動向を追わざるを得ない。なんにせよ、いい時期のライブは最高なのだ。

 

そんなわけで、12月30日公演が無事当選し、JUMPing Carnival COUNTDOWNへ参加してきた。気づいたら2015年のうちに、乃木坂46Hey! Say! JUMPの現場デビューをしてしまった。前置きとも言い難いほど長くなってしまったが、20代も半ばを過ぎた会社員の、ジャニーズのコンサートデビューについてまとめていこう。

続きを読む

25歳OL(一応)の現場デビュー 乃木坂46編

アイドルにはお金は落とさない、そう誓ったはずだった。

 

CDは買わない、コンサートには行かない、アイドル誌は買わない(ファッション誌、デザイン系雑誌はOK)、と線引きをしていた。

 

はずだった。

続きを読む

推しメンにこのお仕事ください2015AW

2015年。

私の2大推しメンこと伊野尾慧さん(Hey! Say! JUMP)、伊藤万理華さん(乃木坂46)ともに飛躍の年だったと思う。いや、まだ終わっていないのだけれど、それでも、自分の学んできたことや趣味を活かせるお仕事が次々と舞い込んできた。

伊野尾くんには大学時代専攻していた建築に関するテレビ出演が相次いだし、万理華ちゃんは乃木坂工事中で「コケ探訪」なる企画があったほか、『CUTiE』(残念ながら休刊)や『MdN』で自身の好きなデザイン系の連載が始まり、伊勢丹のプロモーションにはいわゆる「乃木坂の顔」である白石麻衣さん、西野七瀬さん、桜井玲香さんとともに出演した。さらに記者会見には、桜井玲香さんと2人だけで登場している。

とりあえず最高なので動画を貼っておく。

youtu.be

基本的に乃木坂46のアートディレクションに関しては、大体好きなのでその方向で突っ走ってほしいと思っているし、伊藤万理華さんの売り出す方向性にも文句なしだ。これからもファッション関連の仕事にどんどん出してほしいし、演技仕事もたくさんあげてほしい。どちらかというと舞台よりも映像がいい。

ということで、伊野尾慧さんにこれから舞い込んでほしい仕事を考えてみた、というか、昨晩沸いて出てきたのでここに書き留めておくことにする。

続きを読む

アイドルさんの「普段何聞いてんの?」備忘録

完全に個人的な趣味なんですけど、「テレビの中ではニコニコと笑顔を振りまきながらキラキラのアイドルソングを歌っているアイドルが、実は普段はすごい暗いバンドや曲を聞いているとすごく高まる」というフェティシズムがあるので、備忘録としてまとめておきたいと思います。

完全に趣味のまとめなので、私が推してるグループのみです。

続きを読む

クソサブカル層に訴求できるアイドル5選

「クソサブカル層」―ちょっぴりはしたない言葉で表現してしまったけれど、いわゆるロキノン厨とかその辺の、決してマスではないけれど、ちょっとニッチな、それでいてある程度の人数からは支持されている、そんなところを趣味に持つ人々、とここでは定義しよう。

 

その層に属する人々は、基本的に物事を深く突き詰めたいオタク気質であって、つまりそれは、いつアイドルにハマってもおかしくない人々ということになる。ただし彼らは、とくに思春期に多い思考回路だが、全国ツアーという名のもとに小さなライブハウスを回り、ソールドアウトしたりしなかったり、くらいのバンドが好きで、だから自分で曲を作らないアイドルは見下しがちである。いわゆる中2病である。しかしその後、原因は人それぞれだが、アイドルに目覚めてしまい、元々のオタク気質ゆえにズブズブと沼にはまってしまう者も多い。いわゆる大2病である。

 

というか、それは私でした。

 

ただ、こちら側の人間がアイドルにはまるきっかけは、アイドルの中のどメジャーどころというよりは、これもまた少しニッチなところから思いがけず沼に落ちてしまうことが多いのではないだろうか。そう、キラキラと笑顔を振りまきながらアイドルソングを歌う彼ら彼女らの中に、そこはかとない自分達と同じ空気感を感じてしまうのだ。

 

そこで、そんなアイドルに目覚める潜在能力を秘めたる者たちにぜひともおすすめしたい、クソサブカル層に訴求できるアイドル(さーも調べ)を紹介していく。

※なお、不勉強で大変申し訳ございませんが、ここで挙げるアイドルたちは、私が普段愛でているフィールドのみになっております。女性アイドルは48系列、男性アイドルはジャニーズ事務所に限り、すでにクソサブカル層も取り込んでいるPerfumeやでんぱ組,inc、BABYMETALなどは除外しました。

 

続きを読む

最近、私の周りで起きている現象を書き留めておきたい

それは去年の初夏だった。

 

相も変わらず、遅く起きた土曜日。テレビをつけると王様のブランチが放送されている。「買い物の達人」という、ゲストに10万円を渡してお買い物をさせるという企画の真っ最中だった。寝ぼけ眼で画面を眺めていたが、その画面の中にいる人物の顔面がやたら私の琴線に触れまくることに気がついてしまった。

 

かねてから松田龍平の顔面が日本で一番好きだった。結局のところ、私は日本人の顔が好きなので、それはつまり人類で一番好きな顔ということになる。ヒャダインの顔も好きだ。共通点を上げると、「色白」で「眠そう」。テレビの画面の中の彼も、その条件を満たしていた。それはそれは申し分ないほどに。というか、素晴らしかった。

 

どうやら彼は、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧さんというらしいことを知った。

 

後日、私は次のようなツイートを残している。

とはいえ、この時すでに結構な革命が起きている。それまで顔面としては松田龍平最強説を唱えてきたところに、同率一位で伊野尾慧さんが食い込んできているのだから。

 

その後、「THE MUSIC DAY 音楽のちから」という番組が放送された。当時Hey! Say! JUMPをテレビで見る機会などほとんどなく、軽率に見てしまった。そこで新曲として披露された『ウィークエンダー』を聞いて、確信した。売れる。

 

アイドルが売れる直前に出す空気感が好きだ―本人たちから「僕たち、私たちは今推されている」という自覚が感じられること、および、提供される曲がキャッチーで周囲の大人たちの本気が伝わること、などが私の中でその「空気感」にあたる。それは、2007年ごろの嵐や、2010年ごろのAKB48でも感じたものだ。これからしばらくは、上り調子でしかないんだろうなという空気感。『ウィークエンダー』からはひしひしとそれが伝わってきた。

 

後日、『ウィークエンダー』について次のように言及したところ、驚くほどにリツイートされてしまい、ファンの勢いに恐ろしさを感じたのだが、つまりは元々のファンの方々も同じように思ったようだった。

 

ここまでくれば、通常ならばCDを購入してファンクラブに入会し、コンサートに行くのだろう。だがしかし軽率なオタクである私は、そこで二の足を踏んだ。全方位的に軽率なオタクだから、夏はフジロックに行きたいし(結局2014年は行かなかったのだが)、未踏のライジングサンロックフェスティバルにだって行きたいし、夏じゃないけれど、全く予定のない新婚旅行はアメリカのコーチェラ・フェスティバルにしたいのだ。好きなバンドがCDを出せば買いたいし、ライブにも行きたいのだ。軽率すぎて、この世には行きたいライブがありすぎる。

 

そういった経緯があって、過去にAKB48にハマってしまったときから「アイドルにはお金は落とさない、でも心から応援する」を信条にしている。だがしかし、「売れる」と確信した以上、売れてほしいし、売れなければならない。だから、言霊に頼るしかなかった。

 

まず名曲『ウィークエンダー』、その後両A面シングルとして発表されたこれまた名曲『明日へのYELL』をもってして、妹を沼に落とした。それからは妹と毎日のようにLINEでHey! Say! JUMPや伊野尾くんに関する情報をシェアしあう日々が続いている。Twitterも、面倒くさいという理由でオタク用のアカウントなど作っておらず、小学校、中学校、高校、大学の友人、同期、ライブやフェスで知り合った友達が入り乱れているアカウントで、気が向いたらば伊野尾くんの顔の美しさを、そして『ウィークエンダー』『明日へのYELL』の名曲っぷりについて言葉にした。誰かと飲んだときにも、写真を見せては「まじで売れる気しかしない、今見ておいた方がいい」と勧めた。

 

また伊野尾くんの顔面は超絶サブカルホイホイである。色が白くて、華奢。そしていつからか髪型も栗色のマッシュである。それは完全に下北沢を生息地にしているバンドマンの様相だ。そして顔がかわいい。だから、私の友人知人にはきっと響くだろう、と思っていた。

 

また、Hey! Say! JUMPに感じた事務所の本気はやはり間違いではなかったようで、面白いように次々と新しい仕事が舞い込んでいた。というのも、伊野尾くんは2013年に大学を卒業するまで、建築学科ということもあって仕事をセーブしていたのか、ほとんど個人仕事がなかった。妹は彼のWikipediaをみて、あまりの個人仕事のなさに若干引いたくらいだ。そんな彼にも舞台やドラマの仕事が来ていたし、バラエティ番組のレギュラーも始まった。バラエティ番組での伊野尾くんは、それまでほとんど経験がなかっただろうに、意外と冴えてるな、結構面白いことを言うな、というのが私の印象だった。あと顔がかわいい。

 

私が伊野尾慧さんを認知してから1年が経っただろうか。ついにひとりの友人が沼に落ちた。

「人間としての完成度が高すぎる」、彼女はそう言った。ただこの段階ではまだ、彼らを能動的に追っていないと、テレビで見かけることはあまりなかった。

 

そして追い風は吹き続け、あれよあれよという間に彼らは先輩のV6と一緒に24時間テレビのパーソナリティーに決定した。まさしく事務所が本気である。24時間テレビのパーソナリティーになるということは、必然的に番宣が増える。「メレンゲの気持ち」や「嵐にしやがれ」、「おしゃれイズム」など、一般女性も多数視聴しているであろう番組にとかく出た。それからというもの、私の友人知人が面白いように沼に落ちてきた。

 

「実はこの前おすすめしてもらってから、ひそかにキュンとしてる」とか、

「ひそかにツイート楽しみにしてました」とか、

「伊野尾くんのかわいさに気付けました」とか、

「建築専攻ってとても良いと思う」とか、

「伊野尾くん、嵐にしやがれで見たよ。あの子おもしろいね」とか、

続々と私のところに反響が届いている。しかもこれ、面白いことに、特にジャニーズのファンだった人でもなく、音楽が好きで知り合った友達とか、バイトの友達とか、大学の友達とか、高校の友達なのだ。みんな20代一般女性である。そのうち数人とは、昨日から今日にかけて24時間テレビの実況もして楽しんでいた。いくら休日とはいえ、テレビを実況しながら「カワイイ」「カワイイ」と一般女性が私に伝えてくれるのだ。とてもうれしい。

 

24時間分ひととおり録画をして、早送りしつつ全部見たが、バラエティに関しては(これまで番組を与えられなさすぎたということもあるのだろうけど)発展途上だなあと思うところもあった。だが確実に追い風は吹いている。私の信条は相変わらず揺らいでいないので、お金を落とすことはしていないが、常々「ガンバレ!」と思っているし、これからどのように訴求していくべきかも考えている。

 

先日発行された『日経エンタテインメント!』によると、Hey! Say! JUMPのファンの平均年齢は約17歳だそうで、最近の曲や衣装を見ていると、そのあたりを狙っているのかなと思うところもあるのだが、伊野尾くんの20代一般女性に対する新規ホイホイパワーがあまりにもすごいので、20代女性に向けたマーケティングも考えていってほしいというのが希望だ。

 

まずは、装苑とGINZA、出ませんか。

ひとまずこれからも彼らに注目していきたい所存です。やっぱり売れかけのアイドルは一番楽しいですね!