読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かけるかな

もののあはれ

アイドルさんの「普段何聞いてんの?」備忘録

完全に個人的な趣味なんですけど、「テレビの中ではニコニコと笑顔を振りまきながらキラキラのアイドルソングを歌っているアイドルが、実は普段はすごい暗いバンドや曲を聞いているとすごく高まる」というフェティシズムがあるので、備忘録としてまとめておきたいと思います。

完全に趣味のまとめなので、私が推してるグループのみです。

Baths、Phoenix、Vampire Weekend、!!!、Yeah Yeah YeahsKyteFour Tet、Delphic、Radioheadなど、他多数

youtu.be

現状、かしゆかの好きな曲ほど高まるものはない。ひとまず私もCDを所持していてなおかつ好きなものを抜粋したが、樫野有香さんの趣向はたまらんのでぜひチェックしてみてほしい。しかしBathsを聞くとの情報を得たときは衝撃だった。それだけでかしゆかを向こう3年は推せてしまいそうなほど、好きが加速する。

 

Arctic Monkeysハンバートハンバート椿屋四重奏Skrillex七尾旅人山下達郎など

youtu.be

わたくし、アークティックはあまり通ってこなかったのだけど、2013年のアルバムはきっと好きだと思う(と言いつつ未聴)。のっちは洋楽はほぼアークティックの模様。ハンバートハンバート七尾旅人から垣間見えるのっちの休日と、突如現れるスクリレックスの異質さ。

 

下記のブログにPerfumeが至る所で発言した好きな曲をファンの方がまとめてくださっているのだが、全体的に垂涎もの。なんというありがたいまとめだ。あ~ちゃんのaiko好きは知ってはいたけれど、かなりガチだ。

Perfumeの好きな曲 まとめ - Aerodynamik - 航空力学

 

BUMP OF CHICKENELLEGARDENくるりフジファブリックゆらゆら帝国サカナクションNUMBER GIRLスピッツ10-FEETいきものがかりチャットモンチーYUKI東京事変、キノコホテル、ミドリなど

youtu.be

乃木坂46×富士急ハイランド コラボレーション企画 (5/7) - 音楽ナタリー Super Power Push

はじめての音楽~乃木坂46が憧れるアーティスト~ (1/3) - 音楽ナタリー Power Push

乃木坂46ショートカット美女代表兼ロキノン厨代表の橋本奈々未さん。文字列の羅列に同世代感が漂う。好きだ。ブログ以外で好きな音楽発言が見れるのは上記のナタリーが手っ取り早いのでは。なにはともあれフジファブリックのPV出演、おめでとうございます。

 

アーティストだったら東京事変さんとか、APOGEEさんとか……アジカンASIAN KUNG-FU GENERATION)さんとか。バンド系が多いですね。あとはGalileo Galileiさんとか*1

youtu.be

万理華ちゃんは椎名林檎好きの印象が強い。私もよく聞いていたので思い出深い。今年のフジロック椎名林檎のライブを数年ぶりに見たが、なつかしい曲もたくさんやりつつ、どエロくて最高だった。「長く短い祭」は今夏のキラーチューン。ブログで言及があるのは椎名林檎APOGEEくらいか。

好きだ、切りっぱな し。535回目 | 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ
光る炭酸水。588回目 | 乃木坂46 伊藤万理華 公式ブログ

 

…と、思ったら乃木坂ちゃんの好きな音楽もまとめてくださっている方がいらっしゃった。万理華ちゃんと仲の良い井上小百合さんもロキノン厨の香りがプンプンする。推せる。伊藤万理華さん、橋本奈々未さんラインは見るからにロキノン厨の線が濃厚だけれども、井上小百合さん、あの見た目で邦楽ロック聞いているとは、とても高まる。

乃木坂46の好きな音楽一覧 | 乃木坂ふぉおてぃいしっくすの「す」

ちなみに齋藤飛鳥さん、上記のブログではわりとJ-POP寄りだがどこかでMY FIRST STORYの名前を出していたなと思ってブログを少しさかのぼったところ、発見。

この間、みり愛と日奈子とお茶しました ! あんまり時間が 無 | 乃木坂46 齋藤飛鳥 公式ブログ

 

David Guetta、tofubeats80kidz、LMFAO、Swedish House Mafia、Deorro、Flo Rida、Hardwell、Skrillexなど

youtu.be

我が家で、一般人として生活していたら絶対一番モテるだろうと噂の有岡大貴さん、さすがです。高木雄也さんとのラジオ「JUMP da ベイベー!」でそれぞれの好きな曲をよくかけているが、高木くんはちょいちょいJ-POP要素をねじこむものの、有岡くんは基本的にEDM。同じクラスにいたら私とは一生交わらない人種であろう。時折tofubeatsをかけたり、八乙女くんにおすすめしてもらったという80kidzもかけたりしているので、同窓会では少し話せるかもしれない、そんなことを思った。「キミアトラクション」発売時の『オリ★スタ』にて、Skrillexに最近ハマっている旨の発言があったが、特に何の驚きもない。

下記のブログでファンの方が「JUMP da ベイベー!」で流した曲をまとめてくださっている。

JUMP da ベイベー!おすすめの曲 2014年 - おかきだいありー

JUMP da ベイベー!おすすめの曲 2015年 - おかきだいありー

 

IncubusMuseRadioheadRed Hot Chili Peppers、The Smashing PumpkinsThe Stone RosesThe CribsMGMTSonic YouthAtoms for Peace、The xxなど

youtu.be

2010年発売のrockin'on誌連載ページにソロで登場している岡本圭人さん。フェティシズムゆえ、少しでも興味を持ったらとことんアイドルの好きな音楽をググってしまうのでHey! Say! JUMPには音楽好きなメンバーが多いのはなんとなく知っていたが、岡本圭人さんに至ってはコンサートの前日に2010年のフジロックへ行ったほどだとか。ちなみに仕事の前日にフジロックに行くと、翌日の仕事は疲れと眠気との戦いになり、苦行である。わりとこちらの畑の人間のため数多のフェスに出没する生田斗真さんの情報は幾度となく目にしてきたけれど、フジロックに行くジャニーズアイドルははじめて発見した。ちなみにIncubusスマパンまでが特に好きなバンドだそう。トムヨーク好きなのね……。どちらかと言うとUK寄りなのね……。たしかにUK好きそうな顔(根拠なし)だ……。完全な個人的趣味だけどIncubusがここに入ってるのはとてつもなく高まる。なぜなら私も好きだからだ。でもここで挙げられている上位5バンドを見て、IncubusのところがOasisになるだけでちょっと印象変わりませんか?(すみません、Oasisをディスってるわけではないですし、今年のフジロックでノエル兄貴見ました)ただ、好きなバンドを挙げてもらったときの反応が「あ、そうなんだ」と「へぇ~!?そうなの!?」くらいの違いはある。

 

秦基博UNISON SQUARE GARDENMr.Children、レキシ

youtu.be

大抵アイドルに目をつけると、普段何を聞いてるのかが気になってしまってひたすらググる系のオタクなのだが、この方に関しては全く見えてこなかった。八乙女光さんとのラジオ「らじらー!サタデー」で自分の流したい曲をかける時も、「大学時代の教授のカラオケの十八番」とか「友達(おじさん)のカラオケの十八番」ばかりで、多分あまり聞いていないんだろうなと思っていたのだが、ここにきてそのストックも切れ、ついに自身の好きな曲を小出しにし始めた…!その第1弾が秦基博「鱗」、第2弾がUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」。そして先日、第3弾としてMr.Children「彩り」をリクエストしていた。*2

そして追記に追記を重ねるが、11月7日の「らじらー!サタデー」ではリスナーからのリクエスト曲としてレキシ feat.足軽先生・東インド貿易商社マン「狩りから稲作へ」が流れた。二人ともお気に召したらしく、その日のラジオでは「縄文土器、弥生土器」などと口ずさむ場面が見られた。そして、翌11月14日放送の「らじらー!サタデー」。伊野尾慧さんのリクエスト曲として流れたのはレキシ feat. Deyonna「きらきら武士」だった。思った以上にハマったそうで、先週の放送のあと、レキシの曲をいろいろ聞いてみた結果「きらきら武士」が一番ハマったのだとか。伊野尾くん…そのDeyonnaって人、椎名林檎さんだよ…知ってる…?最高かよ…。

UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」を流す際、やや照れつつ曲紹介をするあたりがソフトロキノン*3ぽかった。Hey! Say! JUMPは意外と音楽好きが多いから、自分より詳しい人がいるとあんまり趣味をさらけ出したくないのかもしれない。なんとなくわかる。

*1:ascii.jpのインタビューより(記事は削除済み)

*2:わたくし、学年で言うと彼の1つ上にあたるのですが、個人的に、この3曲の並びは同じ時期に大学生やってたんだなあ感がにじみでててすごく捗る。Mr.Children「彩り」はリクエストの際、ご学友がカラオケで歌っていて、大人になって聞くとすごく響いたとの発言があるので、ミスチルのファンというほどでもなさそうだ。

*3:ロキノン厨は自分の聞いている音楽の素晴らしさをステマしがちなきらいがあるが、そこまでNO MUSIC, NO LIFEではなく、なんとなくこの曲が好き、程度だと好きな曲をあまり公言したくない、そんなタイプをここでは勝手にそう呼ぶことにした。