読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かけるかな

もののあはれ

楽曲厨としてアイドルのアルバムを聞くということ

月に1回は更新しようと思っていたこのブログ、仕事の忙しさにかまけて間が開いてしまった。そろそろ文章を書くリハビリをしなければと思っていたところに、恰好の餌が飛び込んできた。

というのも、Perfumeの新譜『COSMIC EXPLORER』がすこぶる良い。

 

 もはやPerfumeは独自路線を行きすぎていて、私が普段から愛でている乃木坂46Hey! Say! JUMPなどと同じ「アイドル」枠で語るべきなのか、とも思うのだが、曲を外注しているという点ではアイドルの括りだ。なによりも、彼女らは「オーディエンスからどう見られるか」を常に念頭に置き活動しているのだから、「俺らの今のモードについてこれねえ奴はついてこなくていいから」的バンドマンの発想とはまったく違う場所にあるだろう。ほろ酔い気分の勢いに任せて、今、筆を走らせている。後日読み直して、意味のわからない部分があったら勝手に加筆修正しようと思う。

 

Perfumeのアルバムはほぼほぼ聞いてきているが、新譜が出るたびに「今度のアルバムはヤバイ」という風の噂が流れていたように思う。その評判を耳にして、じゃあ聞いてみよう、というのがこれまでの私とPerfumeの距離感だった。だが、今回はたまたま欅坂46のデビューシングルの発売日とPerfumeの『COSMIC EXPLORER』の発売日が被ったため、欅坂46目当てで渋谷TSUTAYAを訪れたところ、同じフロアに『COSMIC EXPLORER』が展開されていた。前評判抜きに軽い気持ちで試聴したところ、即購入を決意した、そんなアルバムだ。

 

M-1『Navigate』~M-2『Cosmic Explorer』

発売に際していくつかインタビュー記事が出ていたのでチェックしたが、「Perfumeに“cosmic”というイメージを抱いていた人も多いかもしれないが、実際に曲のタイトルで“cosmic”というワードを使うのは初めて」と言及されていた。確かに、言われてみればそうだ。ここにきて“cosmic”というワードを持ち出したPerfumeはまた新たなフェーズに入ったのでは、と期待せざるを得ない。実際、M-1のインストからタイトル曲であるM-2に繋がる流れはこのアルバムの導入であり肝で、EDMへ寄せたアレンジが、それはもうめちゃくちゃカッコイイ。普段から歌詞をあまり見ないので真偽のほどはわからないけれど(こういうところをちゃんと確認して書かないのがただの酔っ払いの戯言ブログだな)、M-2はものすごい歌詞少ないですよね?きっと。アイドルのアルバムにおいて、1曲目はインストの場合も多いので置いといて、歌う箇所が少ないって結構致命的だと思うのだけれども、そもそも「曲が良い」から始まり、3人という少ない人数で、それぞれシルエットを全く変えずに個々の印象を強く印象付けてきたPerfumeだからこそできる曲なのだろうなと思う。例えば現状のHey! Say! JUMPは、メンバーそれぞれを覚えてもらうことが第一なので、歌う箇所が少ない曲を出すなんて選択肢にないと思う。それこそウィークエンダーの全員ラップ回しがいい例だ。だから、それをやってのけるPerfumeがただひたすらにかっこいいんだ。

 

M-3『Miracle Worker』~M-4『Next Stage with YOU』~M-5『STORY』

勝手にこの3曲をEDMセクションとしている。『Miracle Worker』超好き。Perfumeを聞く層って、その他アイドルオタクと比べると比較的音圧高めの曲に慣れているというか、そもそも曲作ってるのヤスタカだし、彼女たちテクノポップユニットだし。だからここまでEDMに寄せてもきれいにおさまるんだろうな~と思いました。M-4『Next Stage with YOU』はすでにベンツのCM曲としてサビは流れていて、Sweet Refrain系のかわいい曲というイメージがあったのだけど、イントロがまさかのギター。音圧もそれほどハードではなく耳馴染みがいい。M-5『STORY』はすでにライブで披露されていたそうなのですが、茶の間としてはこのアルバムにて初聴。根暗ロキノン厨としては、極めてEDM的な曲なのかな?と思わせつつ、サビのメロディーラインがマイナーなのがマジでたまんねえっす。この曲もとても好き。SXSWのパフォーマンスがヤバイみたいなので、チェックしてみようと思います。

 

M-6『FLASH(Album-mix)』~M-7『Sweet Refrain(Album-mix)』

映画「ちはやふる」の主題歌として最近ちょいちょい聴く機会のあった『FLASH』。アルバムバージョンでは思いっきり違う曲になっております。オタクたちの感想でも散見されるけれど、このアルバムはわりと『GAME』に近くて、全体がとても統一されているなと感じました。そんでもってM-6、M-7は既発曲なんだけど、アルバムの流れにしっかりくるようなRemixになっているな~と。個人的にはSweet Refrainみたいな「お姉さんの自我現れてるPerfume」よりもFLASHくらいの「無機質でひたすら美しいPerfume」の方が好きです、はい、これは趣味の問題です。

 

M-8『Baby Face』

このアルバムの中核を担っているな~と思った曲。もちろん主軸はタイトル曲でもあるM-2『Cosmic Explorer』なのですが、このアルバム、『Baby Face』を境に怒涛のシングル曲Remix連鎖に入るわけです。前半は結構バッキバキなEDM的アプローチで、印象としては攻めてる曲が多くて、そんでもって後半はシングルの慣れ親しんだメロディーラインが続くわけで。ちょうどアルバムの中盤に位置しているのだけれども、その境界線として、うまく主張しすぎず、なおかつサラッと聞き流すでもなく、フックもちゃんとあって。アルバムの流れを切り替える役割もしっかり担いつつ、この曲単体で聞いてもすごくカワイイ。単体で聞くと、私の中ではLEVEL 3における『だいじょばない』的立ち位置だなと。アルバム聞き飽きたとして、単体で時々聞きたくなっちゃう、そんな曲。

 

M-9『TOKIMEKI LIGHTS(Album-mix)』~M-10『STAR TRAIN(Album-mix)』~M-11『Relax In The City』~M-12『Pick Me Up』~M-13『Cling Cling(Album-mix)』~M-14『Hold Your Hand』

ごめん残り全部まとめちゃった。先述したけれども、全て既発曲+シングル曲でアルバムのラストまで突っ走る。Cling ClingのRemixなんて完全に別物で、シングルのオリエンタル感はなりを潜めてるけれど、このアルバムにおいてはオリエンタル感は不要だと思うので大正解。STAR TRAINはアレンジが変われど名曲だなあと。『Dream Fighter』が「かつての」Perfumeにとって本当に宝物のような曲なように、『STAR TRAIN』は「今の」Perfumeにとって宝物のような曲なんだろうな。

 

と、完全にほろ酔いで書きなぐったアルバムのレビューになってしまったけれど、出自がロキノン厨なので、いくら伊野尾慧さんの顔が好きでも、伊藤万理華さんの私服が好きでも、渡邉理佐(ブログ書かない間に欅坂の推しメンに定めました)さんの顔が好きでも、Hey! Say! JUMP乃木坂46も欅坂46も、曲が良くなければ推せないんだ、私は。欅坂の『サイレントマジョリティー』が良曲だったから、スルーを決め込んでいた欅坂のCDも買ってしまったわけで。乃木坂や欅坂、もちろん48系列も、秋元康さんのプロデュースとはいえ、作曲はいろいろな人が担当している。Hey! Say! JUMPもアルバム内分業制だ。むしろアイドルのアルバムは、そうやって色々な人が曲を作るからこそ、聞く人を飽きさせないのかもしれない。とはいえ、中田ヤスタカオンリーのPerfumeがこんなにド名盤を生み出し続けているのだから、1回ちょっと、1人がトータルで曲提供するアルバムも聞いてみたいんだ。多分聞いたら聞いたで「一辺倒すぎる」とか「マンネリ」とか思うのかもしれないけど。そういう意味ではPerfumeは、「3人の女の子」というアイコンを通しているのであって、聞いているのはあくまでも中田ヤスタカの曲なのだろうな。だから、どちらかといえば「アイドルの曲を聞く」ということであれば、乃木坂や欅坂、ジャニーズが正しいのかもしれない。まあでも、『COSMIC EXPLORER』はアイドルのオタクも、J-POP大好きマンも、ロキノン厨も、色んな層に訴求できるアルバムだなと思っています。少しでもたくさんの人に、この素敵な曲たちが届きますように。そして、私の推しているアイドルたちが、これからも素敵な曲に恵まれることを願って。私の酔いはまだ醒めない。